Linux 上に構築した EM Cloud Control から Windows 上のデータベースを監視するためのエージェントインストール方法

EM Cloud ControlのOracle Management Service(OMS)をLinuxにインストールしているにもかかわらず、監視対象のデータベースがWindows上に構築されているという奇特な環境で、エージェントをインストールする方法を検証する。

基本的には、以下のマニュアルをベースに確認している。

Oracle Management Agentのインストール

サイレント・モードでのOracle Management Agentのインストール

基本インストレーション・ガイドにはCygwinやPsExecを用いたインストール方法が記載されているが、エージェントをインストールするためだけにわざわざ重厚長大なCygwinを入れるのは馬鹿らしいし、PsExecを使う場合は別途ステージング用の環境を用意しなければならない。

今回は、サイレント・モードでのインストール手順のうち、エージェント以外に特別なツールが不要の、agentDeployスクリプトを使用した管理エージェントのインストールの方法を確認する。

なお、手順の中で emcli による操作が何度も出てくるが、これはOMSのORACLE_HOME/bin 配下から起動しているのであらかじめ認識のこと。

OMS側の準備

Windows用のエージェントの存在確認

以下のようにOMS上でemcliを使ってWindows用のエージェントが存在するか確認しておく。

通常は以下のようにLinuxしか表示されない。

$ ./emcli login -username=sysman
Enter password

Login successful
$ ./emcli get_supported_platforms
-----------------------------------------------
Version = 13.5.0.0.0
 Platform = Linux x86-64
-----------------------------------------------
Version = 13.4.0.0.0
 Platform = Linux x86-64
-----------------------------------------------
Platforms list displayed successfully.

続いて以下の方法でエージェントソフトウェアをOMSにインポートする。

エージェントソフトウェアのインポート

通常、Linux上にOMSをインストールした場合、Windows用のエージェントソフトウェアはOMSに含まれていないため、Oracleが別途公開しているエージェントソフトウェアをダウンロードし、OMSにインポートする必要がある。

EM上で直接My Oracle Supportからダウンロードする方法もあるようだが、普通は本番環境のEMがインターネットにつながっているということはない。そのため別環境でダウンロードしたものをSSHなどでOMSのサーバ上に転送する手順をとる。

EM画面から、[設定] → [プロビジョニングとパッチ適用] → [オフライン・パッチ] 画面を開き、[接続] 欄 で [オフライン] を選ぶ。

[カタログ]欄に表示されているURLからカタログファイルを別端末でダウンロードし、同じ画面からアップロードする。

[設定] → [拡張性] → [自己更新] 画面を開き、[更新の確認] ボタンを押すと、カタログのダウンロードのリンクが表示されるので、このURLからもカタログファイルをダウンロードする。

ダウンロードしたカタログファイルをOMSのサーバに転送して、以下のようにインポートする。

$ ./emcli login -username=sysman
$ ./emcli sync
$ ./emcli import_update_catalog -omslocal -file=/home/oracle/p9348486_112000_Generic.zip

再度 [設定] → [拡張性] → [自己更新] 画面を開き、一覧画面から「タイプ」が「エージェント・ソフトウェア」の行を選択し、[開く] を押す。

ステータスが「使用可能」となっているものの中に、Windows x64 用のエージェントが存在することを確認したら、取得したいバージョンのエージェントの行を選択して[ダウンロード]ボタンを押す。

表示されているURLからエージェントをダウンロードしてOMSに転送したら、以下のようにインポートする。

$ ./emcli import_update -omslocal -file=/home/oracle/p32674845_112000_Generic.zip

[自己更新] 画面をリロードすると、インポートしたエージェントのステータスが「ダウンロード」に変わっているので、[適用] ボタンを押す。

確認画面が出るので了承して進むと、ステータスは「適用」状態に変わる。

改めて、emcli で確認しても、Windows用のエージェントが追加されている。

$ ./emcli get_supported_platforms
-----------------------------------------------
Version = 13.5.0.0.0
 Platform = Linux x86-64
-----------------------------------------------
Version = 13.4.0.0.0
 Platform = Linux x86-64
-----------------------------------------------
Version = 13.5.0.0.0
 Platform = Microsoft Windows x64 (64-bit)
-----------------------------------------------
Platforms list displayed successfully.

これでOMSからWindows用のエージェントソフトウェアを取得する準備が整った。

エージェントソフトウェアの取得

OMS上で、エージェントソフトウェアのZIPファイルの生成先ディレクトリを作成する。

$ mkdir /home/oracle/winagent135

環境変数のZIP_LOCとUNZIP_LOCを、OMSのORACLE_HOME配下のものに設定。

$ export ZIP_LOC=/u01/software/em/middleware2/bin/zip
$ export UNZIP_LOC=/u01/software/em/middleware2/bin/unzip

エージェントソフトウェアのZIPファイルを生成。

$ ./emcli get_agentimage -destination=/home/oracle/winagent135 -platform="Microsoft Windows x64 (64-bit)" -version=13.5.0.0.0

「Agent Image Download completed successfully. 」の出力があれば成功。生成されたZIPファイルはインストール先のホストに転送しておく。

次のインストール作業で使用する、OMSのアップロードポート番号などを確認しておく。

$ ./emctl status oms -details
:
Console Server Host        : em134.dn.home
:
HTTPS Upload Port          : 4903

エージェントのインストール

インストール先にOMSから転送したエージェントのZIPファイルは、作業ディレクトリ上で展開しておく。

展開したディレクトリにあるレスポンスファイル「agent.rsp」をエディタで開き、以下の項目のコメントアウトを削除して、適切な値を設定する。

OMS_HOST=em134.dn.home                 → OMSのホスト名(先に確認したもの)
EM_UPLOAD_PORT=4903                    → OMSのアップロードポート番号(先に確認したもの)
AGENT_REGISTRATION_PASSWORD=Oracle13c  → パスワード
AGENT_PORT=1832                        → エージェントが使用するポート番号
ORACLE_HOSTNAME=oradbsw.dn.home        → エージェントインストール先のホスト名(完全修飾名)

デプロイ用のスクリプト「agentDeploy.bat」を実行する。この時、エージェントのインストール先(AGENT_BASE_DIR)とレスポンスファイル(RESPONSE_FILE)を引数で指定する。

C:\work\13.5.0.0.0_AgentCore_233\agentDeploy.bat AGENT_BASE_DIR=C:\app\agent RESPONSE_FILE=C:\work\13.5.0.0.0_AgentCore_233\agent.rsp

「Agent Configuration completed successfully」と表示されればエージェントのインストールは完了。

EMの画面から、正常にホストが認識されていることを確認する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました